誰にでも可能性はある、ゴミ屋敷になってしまう原因と対策について

自分のライフスタイルを重視するとなりそう

子供の付き合いから、物がかなり積み上げられたり、散らかっていたりするゴミ屋敷のようなお宅へお邪魔した経験があります。本棚の隙間に業者からの郵便封筒の束が隙間なく差し込んであったり、いろんな家具の上に何かの印刷物が積み上げられていたり、座卓テーブルの周りに、座る場所だけが空いていて、すぐ横に衣服や新聞などがふかふかの肘掛けのように置いてあり、それでも招かれた側は肘を掛けたくもなく。お茶菓子をいただいたことがあるのですが、それは自分の目の前で開けて下さり、それは大丈夫なんだなと思いながらも味を感じる余裕もありませんでした。
その方は、外に遊びに行くのが好きで、旅行に行った話は沢山聞き、私もその方と外食やお茶を飲みに連れて行ってもらったことが何度もあります。どこの店が美味しくて、どこが不味いのか、語って聞かせてくれます。家に数回招いてくださったのも、誠意あるカミングアウトかもしれません。おそらく、この方は家が、家事が、あまり好きではなかったのかなと思います。活動的な方なのかなと。外で遊んだり食事したり、おしゃべりしたり。そのあとで夕方にご飯の支度や子供が散らかしたゴミ屋敷のような部屋なんて、正直疲れるし片づけたくない。自分の好みの生活サイクルが、祟ってしまったのかなと思います。

インフォメーション

汚すぎるゴミ屋敷

私の実家は父母、兄、弟、弟と5人で暮らしているのですが、とてつもなく汚くてハッキリ言ってゴミ屋敷なのです。テレビで取り上げられるような感じではないのですが、私からしたら汚すぎて、こん…

この記事を読む

友達の家がゴミ屋敷でした

先日友達の家にお邪魔してビックリしました。その友達の家はハッキリ言ってゴミ屋敷だったのです。高校の時の友達で子供も同級生でよく私のウチに遊びに来ていたのですが、「たまにはウチにも遊び…

この記事を読む

大阪でゴミ屋敷が出来上がるで

大阪にはゴミ屋敷を作っている人が沢山います。ゴミ屋敷を作ってしまうような人はどのような人が多いのでしょうか。まず、ゴミ屋敷を作っている人は、普段から物を捨てることが怖いという人が多い…

この記事を読む

ニュース